全日本製造業コマ大戦
コマ大戦公式スポンサー
新規スポンサーお申込み受付中

設立趣意

 バブル経済崩壊後、依然我が国の経済は低迷しています。昨今のリーマンショックは産業構造を激変させ、東日本大震災は我が国に大きな傷跡を残し、歴史上類を見ない円高は産業の空洞化に拍車をかけています。これらの要因は我が国の国力を著しく低下させ、今やグローバル社会における我が国の存在意義は薄くなってきております。

 一方、我々中小企業は、今まで常に我が国の経済をけん引する力でした。時代の先駆けとして積極果敢に挑戦を続け、多くの難局に遭ってもこれを乗り越えてきました。この厳しい時代においても、我々が果たさなければならない使命に変わりはなく、むしろ、今こそ我が国の誇りを取り戻すためにも、我々が奮い立たなければなりません。

 「全日本製造業コマ大戦」の原点はそこにあります。我が国の製造業、町工場に活力を与えたい。我々中小企業の経営者に何ができるか?それを考えている中で浮かんだ一つの小さなアイデア。大のおとな達がプロの道具を使って設計から製造、そして対決!町工場の「意地」と「プライド」の激突!プロのイベント屋に頼らない! オール中小企業による運営!その対決のほとばしりから、製造業を盛り上げる!

 このアイデアに、志ある熱き中小企業の経営者が賛同。2012年2月に21チームが参加をして第1回大会が開催されました。その後コマ大戦の熱は一気に広がり、全国の中小企業の心をとりこにし、続く第2回大会では全国から200チーム以上が参加。各地方ブロックの予選を経て、2013年2月に横浜で開催された全国大会では16チームが白熱した名勝負を繰り広げました。

 こうした活動により、多くの中小企業に変革の兆しが出始めています。 今まで大手企業からの下請けに甘んじていた町工場のモチベーションが向上し、自ら素材選定、新たな技術開発に挑戦し、自社で足りない技術を補うために他社と連携し、今までできなかった自社製品開発に挑戦し始めています。 そして、このマインドは若い世代にも伝わり、中高生や小学生の「ものづくり」への関心も高まってきています。

 我々中小企業が、この国を動かし始めているかもしれない。 それなら、この動きを止めるわけにはいかない。

 それゆえ、我々は「全日本製造業コマ大戦」の活動を継続していくために、このたび「全日本製造業コマ大戦協会」の設立を決意いたしました。我々は、「全日本製造業コマ大戦」の運営をとおして、中小企業を盛り上げ、製造業を盛り上げ、さらに我々の子どもたち、孫の世代、この国の将来のために、我が国を盛り上げていく所存です。

 本趣旨にご賛同頂き、皆さまからの熱きご支援をよろしくお願いいたします。

2013年4月19日

全日本製造業コマ大戦協会

会長(当時) 緑川賢司

全日本製造業コマ大戦協会発足式にて (2013年4月19日)
全日本製造業コマ大戦協会発足式にて (2013年4月19日)

ソーシャルメディアで共有する