全日本製造業コマ大戦
コマ大戦公式スポンサー
新規スポンサーお申込み受付中

コマ大戦への取材をご検討中の方へ

このページはコマ大戦の取材をご検討されている方向けの専用ページです。
コマ大戦の取材をご検討頂く上で、役立つ情報をまとめました。ご活用いただければ幸いです。

コマ大戦の目的

コマ大戦の起源

の発端は、静岡富士会の宴会で、由紀精密さんが作った
コマの話題からだった。
「よくまわるね~、色々工夫したんだろうね~。でも、単純なコマなら旋盤があれば簡単に作れるべ、全国の町工場で作って対戦したら面白いんじゃね?」
と言う、飲んだ席で良くある会話からだった。

コマ大戦の見所

コマ大戦のルール

コマ大戦の大会グレード

知的財産について

コマ大戦の功績

コマ大戦の開催数

町工場が自作の喧嘩コマで戦う全日本製造業コマ大戦は、2012年2月に21チームが参加して、第一回全国大会を開催しました。

翌年2013年2月の第二回全国大会では、製造業を中心に全国から200チームが参加。エキシビジョンマッチ等を含む全ての大会を合わせると、2012年2月から2013年5月までに20大会の開催、参加企業数はのべ692チーム、来場者数は約6680人に上り大きく発展しています。

以下の表は、2013年5月までの実績を大会ごとにまとめたものです。

開催日 グレード 大会名 参加数 来場者数
2012.02.02 G1 第一回全国大会 21チーム 250人
2013.02.07 G1 第二回全国大会 28チーム 2000人
2012.08.24 G2 北海道東北予選 仙台場所 15チーム 80人
2012.09.30 G2 関東予選 八王子場所 64チーム 800人
2012.10.24 G2 九州沖縄予選 博多場所 17チーム 150人
2012.10.26 G2 信越北陸予選 新潟場所 26チーム 200人
2012.11.10 G2 東海予選 名古屋場所 23チーム 250人
2012.11.24 G2 中国四国予選 岡山場所 23チーム 150人
2012.12.15 G2 近畿予選 京都場所 32チーム 300人
2012.03.23 G3 茨城場所 21チーム 180人
2012.07.28 G3 信州場所 25チーム 200人
2012.08.05 G3 全日本コマ大戦渋谷場所 16チーム 300人
2013.02.08 G3 全日本コマ大戦 大田区場所 36チーム 300人
2013.04.20 G3 日本橋三越場所 16チーム 400人
2012.10.20 特別 やまなし特別 8チーム 100人
2012.11.18 特別 ものづくりのまちコマ大戦 リザルト
(日立市産業祭特別)
27チーム 300人
2013.02.20 特別 両毛特別 両毛場所 24チーム 200人
2013.02.09 特別 慶応義塾体感特別子供コマ大戦 180名 250人
2013.04.20 特別 日本橋三越特別子どもコマ大戦 50名 120人
2013.05.04 特別 日本橋三越特別子どもコマ大戦 40名 150人

※2013年5月までの実績

受賞歴

受賞日 受賞名 WEBサイト
2014. 2. 1 平成25年度 地域づくり総務大臣表彰 団体表彰 地域づくり総務大臣表彰
2013.11.21 メセナ アワード2013 メセナ大賞 メセナ アワード2013

報道関係

テレビ報道  40回以上と推測されます

新聞報道   80回以上と推測されます

ネットメディア 30回以上と推測されます

雑誌・機関紙 20回程度と推測されます

※2013年5月までの実績

コマ大戦関連の製品

24社 43種類 売上金1370万円

※2013年5月までの協会把握分

コマ大戦を契機にビジネスになった事例

製造業ご当地お土産プロジェクト 有限会社スワニー

2012年に製造業コマ大戦の茨城場所G3に参戦したコマを量産化するプロジェクトで­す。

「製造業ご当地お土産」プロジェクトとしては初の製品化になります。

市役所、商工会議所も含めて初めての試みでしたので半年ほど時間が掛かりましたが20­13年2月に発売することが出来ました。

【完全地産】製造業ご当地お土産プロジェクト - 長野県伊那市 http://kanzenchisan.com/

ご取材いただく前にお読みください

皆様に於かれましては、日頃から「全日本製造業コマ大戦」の運営趣旨をご理解戴き、非常に好意的な情報発信に協会運営メンバーを代表し心より感謝申し上げます。

マスコミ各位様のお力無しに「全日本製造業コマ大戦」が現在の様に、多くの方から好意的な眼差しで注目を集める事はありえなかったと思っております。

 今後も「全日本製造業コマ大戦」の動向を、引き続き取材して戴ければ幸いです。

全日本製造業コマ大戦協会

会長 緑川賢司

ご取材に関するお願い

「全日本製造業コマ大戦」は、運営も出場者も中小町工場が中心となり運営されております。

特に運営メンバーについては、全国の有志による役割分担制を敷いております。 メンバーそれぞれが、自社の日常業務を行いながらの対応となるためレスポンスが悪いケースもございますがご容赦願います。 以上の背景をご賢察戴き、以下の点をご留意の上取材の申し込みをお願い申し上げます。

(1)バラエティー系の番組で、お笑い芸人等によるいわゆる「イジり」をネタとする番組からの取材はお断りする場合があります。

※出場者イジリは、視聴者の方々へどの様に伝わるか想定できず、最悪の場合イジられた会社の社会的な地位を貶める結果になる可能性があり、私どもの運営ポリシーにも反します。

※中小町工場を応援戴ける番組内容であれば、バラエティー系であってもお受けした実績がございます。

(2)取材戴き、放映・掲載となった場合には出来る限り、その映像や記事を協会へご提供願います。 協会が持つ媒体に、取材頂いた旨を掲載させて戴きます。

(3)試合会場によっては、マスコミの方々にはご不満となる取材エリアの設定とやむをえずなってしまう場合があります。

※出場者と会場へご来場戴いた方がコマ大戦の主役であり、主役のパフォーマンスを阻害する可能性がある場合や、来場者の観戦に支障が無い範囲での動線を心掛けて戴ければと思います。

※来場戴けない方々の為に、出来る限りライブ中継を行う様に心掛けており、協会側でカメラを用意し土俵際へ設置することが常となっております事を予めご了解願います。

(4)協会側の収録映像の提供については、Ustream・YouTubeなどで公開されているものに関してはご自由にお使い戴いて構いません。 但し、ご利用戴く旨を必ずご報告の上、「映像提供:全日本製造業コマ大戦協会」のクレジットを挿入願います。

※画質の問題で基データの提供を求められるケースがございますが、ご要望の動画を提供できない場合もございます。(有料となります)

全日本製造業コマ大戦協会
広報本部 本部長

よくある質問

取材申込フォーム

注意: * は必須項目です

メモ: * は入力必須項目です